遺品整理のコツ〜遺品整理初心者が気をつけるべきこととは〜

遺品整理のコツ

 

故人の葬儀を終えた後、残された遺族は故人の遺品整理を行わなければなりません。故人が生前一緒に暮らしていたのであれば、遺品整理も自分たちのペースで行うことが可能ですが、一人暮らしの場合、遺品整理を行わないと大家さんとのトラブルになってしまうこともあります。

しかし、遺品整理はどのようなことに気をつけて良いか分からない方もいるのではないでしょうか。今回は、遺品整理のコツを紹介し、これから遺品整理を行う人に向けて分かりやすく解説します。

遺品整理はゴミを捨てるのではない

遺品整理は、故人のものをただ処分することではありません。中には思い入れの強い遺品を処分しなければならないこともあります。また、遺品の中には簡単に処分することが難しいものもあります。

遺品整理をする役割は、故人との思い出を断つという目的も担います。故人の住まいをそのまま保存しておきたいという方もいますが、賃貸住居の場合そのままにしておくと空き部屋となってしまうため、明け渡す必要があります。

また、故人との別れは残された遺族にとってはつらいことではありますが、いつまでも故人のことを思っていては前に進むことができません。遺品整理は故人の品をただ捨てることではありません。残された遺族が新しい一歩を踏み出すため、心を切り替えるために必要な作業です。遺品整理を行うときは、故人のことを考えながら遺品を整理しましょう。

遺品整理のコツ

遺品整理をするといっても、どのように作業を進めてよいか分からない方も多くいます。それでは、遺品整理を行うときにはどのようなことに気をつけるべきか、遺品整理のポイントを整理しながら紹介していきましょう。

優先順位を決める

遺品といっても、遺族が再利用できるものもあれば、使い道がないので捨ててしまうもの、お金に換金できるものなどさまざまな物に分けられます。まずは遺品の中で優先順位をつけるところから始めましょう。いきなりどれから捨ててよいのか分からない場合は、「再利用」「貴重品」「不用品」として優先順位をつけておくと、整理がしやすくなります。

名義人の確認

遺品の中でも勝手に捨てられないものがあります。代表的なものが「名義人が故人」の場合です。このような遺品は勝手に廃棄したくても、処理を拒否されてしまうことがあるので、名義人が故人になっているものは、一度管理会社などに、どのような手続きを踏んで整理を行うべきか確認しましょう。

特に賃貸住宅に故人が住んでいた場合は、遺品整理で作業が難航してしまうことがあるので、その旨を管理会社に問い合わせるようにしてください。

適切な時期

遺品整理には適切な時期があります。おすすめは49日法要が終わった後に整理を行う方法です。49日までは、いろいろな段取りで時間が取られてしまうので、49日法要を終えた後がよいでしょう。

しかし、3〜4月は注意が必要です。この時期は不用品回収業者に引っ越し関連の依頼が増えますので、作業依頼に対応できないケースがあります。余裕があれば、時期をずらすようにしてください。

業者への依頼がおすすめの理由

遺品整理は個人で行うことも可能ですが、個人で行うとトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。特に捨てるための段取りが分からず業者とトラブルになってしまうこともあります。また、重い荷物などを運ぶため、女性が遺品整理を行うと腰を痛めてしまい、最悪の場合は怪我につながってしまうこともあります。

遺品整理の経験者が周りにいれば、作業も行いやすくなりますが、そうでない場合は個人で遺品整理を行うのではなく、プロの遺品整理業者に作業を依頼するとよいでしょう。

業者に頼むメリット

遺品業者に作業を依頼するとお金がかかってしまうので、なるべく費用削減のために避けたいと考えている方もいますが、遺品整理業者に依頼をすると、下記のようなメリットがあります。

時間を省くことができる

遺品整理業者に依頼をすれば、作業時間を1日で終わらせることも可能です。彼らはプロなので、遺品整理を効率よく行えます。通常であれば、1日で作業を終えられず、数日に渡って作業を行うことも多いですが、業者に依頼をすれば遺品整理を最短1日で終えてしまうことも可能です。

トラブルなくスムーズに遺品整理を行える

また、トラブルなく遺品整理を行うことができるという点も挙げられます。特に家電製品や車といった手続きが面倒な遺品整理を行う場合、業者はどのような手続きを行うべきかを心得ているので、遺品整理に必要な手続きをスムーズに進められます。

一般的に一つの品に対して、処理に何日も手続きに時間がかかってしまうケースがありますが、遺品整理業者に依頼をすればそのような問題も解決しながら作業が行われるので、スムーズに明け渡しが可能です。

こんな人にオススメ

遺品整理で時間を取ることができない方や、体力的に遺品整理の作業が難しい場合は、遺品整理業者に依頼をすることで、さまざまな問題を解消できるので、業者への依頼を前向きに検討してください。

まとめ

遺品整理は故人との別れから新しい一歩を踏み出すための大切な作業です。しかし、どうしても遺品整理を行うことができない場合は業者への依頼がおすすめです。

「ジャンボコアラ」では、遺品整理業務も請け負っております。スピーディーな作業が可能なので、これから遺品整理を行おうと検討している方は、ぜひ当社にお問い合わせください。皆様のご連絡をお待ちしております。